Contact

電話 076-471-8842
FAX 076-471-8843
平日9:00~16:00

Locations

朝乃山 富山後援会事務局
〒930-0106
富山県富山市高木3143-1

Follow us

Author: asanoyama-kouen

関脇照ノ富士関が三度目の賜杯を手にし、新大関の誕生が事実上決定しました。 両膝に巻かれているサポーターが今も痛々しい照ノ富士関。 怪我に泣かされ序二段まで陥落したところから、ついに元の居場所まで返り咲いた姿に勇気づけられる感動的な場所となりました。   また場所中に横綱鶴竜関が引退し、横綱は白鵬関ただ一人となった角界。 その白鵬関も今場所怪我で途中休場しており、このところ相次ぐ怪我で休場を余儀なくされることが多くなっています。 新大関誕生に引き続き待たれる新横綱の誕生。 今場所千秋楽、正代関との大関対決を制し10勝5敗の成績で締めくくった朝乃山関。 もちろん朝乃山関にもその役目が期待さています。

春場所8日目、昨場所優勝を飾った小結大栄翔関に敗れ5勝3敗。 前日の前頭四枚目霧馬山戦でも星を落としており、2連敗での折り返しとなりました。 受け手にまわっている印象の立ち合いの鈍さが指摘されています。 連敗前、立ち合いがよくなってきたとの評価を得ていたばかりにこの2戦での立ち合いが悔やまれます。 立ち合い鋭く本来の前に出る相撲を取り戻し、終盤戦を盛り上げる姿を描きつつ、後援会員の声援に今日も熱が込もります。

前頭筆頭大栄翔関の初優勝で幕を閉じた初場所。 本人にとっての初優勝に、埼玉出身力士初の優勝、追手風部屋初の優勝力士と初物尽くしの初場所となりました。 また大関復帰を目指す照ノ富士関と、肩透かしなどの妙技で土俵をわかせた翠富士関がともに技能賞を受賞するなど、ライバル達の活躍が目立つ場所でした。 11勝4敗と最終的に大栄翔関に次ぐ勝ち星を上げ、角番の場所を乗り切った朝乃山関。 同学年である大栄翔関のみならず大勢のライバル達に刺激を受け、来場所負けじと活躍する朝乃山関の姿が期待されます。

前頭五枚目遠藤関との北陸出身対決を制し、5勝3敗の戦績で中日を終えました。 全勝でトップを走るのは前頭筆頭大栄翔関。 目の覚めるような突き押しで土俵を盛り上げています。   記録的な豪雪に見舞われ、交通障害など雪による被害が多発している朝乃山関の地元富山県。 そんな雪害に窮する中、朝乃山関の話題に花を咲かせて笑顔を取り戻す人々の姿を見かけます。 朝乃山関に声援を送ることが人々の活力となっています。 快進撃を見せる同い年に負けず、後半大関として土俵を締める姿を期待しています。 がんばれ朝乃山関!

新年1月10日に初日を迎える初場所の新番付が発表されました。 朝乃山関は東の大関に座ります。 先場所三日目から途中休場しており、大関三場所目にして初の角番となります。   写真は初場所に合わせて朝乃山関へ贈られる新しい化粧まわし。 大関昇進の記念として、朝乃山関の実家近くにある姉倉比賣神社から贈られます。 朝乃山関が毎年元旦に参拝に訪れている姉倉比賣神社。 コロナ禍にあり帰省が困難な中、故郷から届けられる守り神が復調を期す大関を支えます。

大関貴景勝関の2回目となる優勝で幕を閉じた11月場所。 朝乃山関は三日目から休場し、1勝2敗12休という結果でした。 初土俵後初めての休場を経験し、悔しい結果となった今年の結び。 怪我の治療に専念し、来年初場所で朝乃山関の元気な姿が見られることを祈ります。