Contact

電話 076-471-8842
FAX 076-471-8843
平日13:00~17:00
info@asanoyama.net

Locations

朝乃山 富山後援会事務局
富山市高木3153-2

Follow us

Author: ch-sense

令和元年最後の場所となる九州場所、優勝した横綱白鵬関に次ぐ11勝を挙げました。 また朝乃山関にとって初となる技能賞を受賞。 今場所格段に安定感が増した右四つの型が評価されての受賞。 これでこの一年間で殊勲賞、敢闘賞、技能賞すべてを受賞したこととなります。 加えてこの一年で55勝を挙げ、年間最多勝にも輝きました。 関脇以下が年間最多勝になるのは大鵬、貴花田に続き27年ぶり3人目という快挙。 大横綱の両名に続くというおまけ付きの年間最多勝、この一年での三賞総なめ。 着々と経験を自信に変えつつ、朝乃山関は看板力士への歩みを進めています。   写真は先日11月20日、アイザック小杉文化ホール ラポールで行われた第28回暴力追放富山県民大会にて。 暴力団追放大使である朝乃山関のパネルが暴力団追放をPRしていました。

前頭二枚目の明生関を下し、十日目にして早くも勝ち越しを決めました。 立ち合いで左上手を取り、右を返してそのまま寄り切る盤石の相撲でした。 三役での勝ち越しが決まった上に、年間最多勝、さらには二度目の優勝も狙える好位置につけています。

五日目にして早くも勝ちっ放しが不在となる混戦模様の九州場所。 またすでに幕内に6人もの休場力士が出ており、少し寂しさが漂う土俵となっております。 そんな中、朝乃山関は自身が得意とする四つ相撲で安定した取り口を見せており、4勝1敗で五日目の取組を終えました。 こんな時こそ千秋楽まで場所を盛り上げるのが看板力士。 そこを目指す朝乃山関の活躍に乞うご期待。

11月10日に初日を迎える九州場所の番付が発表されました。 朝乃山関は西の小結。ついに念願の新三役昇進を果たしました。 富山県出身力士としては1985年冬場所の琴ケ梅関以来、実に34年ぶりとなる快挙です。 これを受けて来場所の番付表には、阿炎関・遠藤関・北海富士関・朝乃山関と4人の小結が載ることとなります。 13年ぶりにとられた小結4人体制という特例措置が象徴するように、上位が大いに拮抗しています。 朝乃山関が飛躍してきた本年がどう締め括られるのか、また土俵から目が離せない15日間が始まります。

JAとなみ野場所が10月7日富山県西部体育センターにて開催されます。 写真は前回富山場所でお会いした日本橋丸越の笠田さん。地方巡業で大相撲関連グッズを販売しておられます。 ご厚意で朝乃山富山後援会のブースにTシャツをご提供くださり、その節は大変お世話になりました。 本場所と違う商品が目白押しの物販コーナー、ついつい長居してしまいます。 地方巡業、土俵の外も充実しています。

朝乃山関の帰郷に際し地元呉羽で慰労懇親会が行われました。 朝乃山関のことを石橋広暉少年時代から知る呉羽地区後援会のみなさん。 故郷からの愛にあふれた声援が、朝乃山関の今後さらなる飛躍を支えます。

9月25日、富山県警本部にて朝乃山関の暴力団追放大使任命式が行われました。 今後、ポスターやビデオメッセージを通じて、"利用しない、恐れない、金を出さない"に"交際しない"を加えた"暴力団追放三ない運動プラスワン"の啓蒙に貢献していくこととなります。 己の言動を律することも忘れず、インタビューでは自身も暴力を振るわないことにも言及していました。

史上初関脇同士の優勝決定戦を御嶽海関が制し、混戦の幕を閉じました。 朝乃山関は10勝をあげ上位で初の勝ち越し。横綱大関戦を全て制し、殊勲賞を受賞する好成績を残しました。 ただ両小結も勝ち越しており、朝乃山関の新三役昇進をすんなりとは見通せない状況にあります。 場所中同様に次の番付編成会議でも混沌としそうな情勢。それを賑わすは若手勢。 看板力士を目指すと公言している朝乃山関の視線は、角界を"賑わしている"現状に満足しておらず、彼らとともに"引っ張る"時代を見据えます。