Contact

電話 076-471-8842
FAX 076-471-8843
平日9:00~16:00

Locations

朝乃山 富山後援会事務局
〒930-0106
富山県富山市高木3143-1

Follow us
Image Alt

新着情報/お知らせ

大関昇進のお祝いに朝乃山関に新しい明荷が贈られました。 母校富山商業高等学校の朝乃山英樹応援事業実行委員会から贈呈された物です。 母校のOB・OGが中心となって朝乃山関を支援されており、過去に化粧まわしも贈呈されています。 朝乃山関の傍らで、先輩方の愛が詰まった明荷が後輩の奮闘を見守ります。

九月場所の番付が発表されました。 来場所は正代関、御嶽海関、大栄翔関と関脇が三人となりました。 次の大関の座を睨む三人が土俵を盛り上げてくれそうです。 朝乃山関は自身初の東の大関の座につきました。 いよいよ、横綱に最も近い存在として世代交代の波を先導します。

前頭十七枚目照ノ富士関の、実に5年ぶりとなる2回目の優勝で幕を閉じました。 怪我による長期離脱からの劇的な復活劇でした。   朝乃山関の取組は賜杯の行方が決まった直後の一番。 今場所好調だった関脇正代関を破り、千秋楽の結びを締め括りました。 新大関として12勝3敗と堂々たる成績。 二横綱一大関が不在となった後、最高位としての重圧もある中、優勝争いを演じ続け闘い抜きました。 しかし目の前で優勝を決められ、賜杯を逃した印象。 九月場所はその悔しさを晴らす場所に。