Contact

電話 076-471-8842
FAX 076-471-8843
平日13:00~17:00
info@asanoyama.net

Locations

朝乃山 富山後援会事務局
富山市高木3153-2

Follow us
Image Alt

新着情報/お知らせ

朝乃山関の帰郷に際し地元呉羽で慰労懇親会が行われました。 朝乃山関のことを石橋広暉少年時代から知る呉羽地区後援会のみなさん。 故郷からの愛にあふれた声援が、朝乃山関の今後さらなる飛躍を支えます。

9月25日、富山県警本部にて朝乃山関の暴力団追放大使任命式が行われました。 今後、ポスターやビデオメッセージを通じて、"利用しない、恐れない、金を出さない"に"交際しない"を加えた"暴力団追放三ない運動プラスワン"の啓蒙に貢献していくこととなります。 己の言動を律することも忘れず、インタビューでは自身も暴力を振るわないことにも言及していました。

史上初関脇同士の優勝決定戦を御嶽海関が制し、混戦の幕を閉じました。 朝乃山関は10勝をあげ上位で初の勝ち越し。横綱大関戦を全て制し、殊勲賞を受賞する好成績を残しました。 ただ両小結も勝ち越しており、朝乃山関の新三役昇進をすんなりとは見通せない状況にあります。 場所中同様に次の番付編成会議でも混沌としそうな情勢。それを賑わすは若手勢。 看板力士を目指すと公言している朝乃山関の視線は、角界を"賑わしている"現状に満足しておらず、彼らとともに"引っ張る"時代を見据えます。

今場所から、先々場所初優勝を飾った朝乃山関の優勝額が両国国技館で披露されています。 写真は場所前に行われた除幕式の様子。 秋場所十日目の今日は給金がかかった一番で志摩ノ海関を下しました。 役力士との取組を終え二敗につける朝乃山関。 本日一敗力士が総崩れとなり、終盤に入る明日から優勝争いを先導します。